いつか故郷の松山で税理士を!

今33歳なのですが、税理士の資格を取ろうとがんばって勉強しています。
勉強を始めたのは、29歳のときなんで、すでに4年が過ぎようとしています。
税理士って5科目の合格が必要なんですが、いろいろな本や参考書を見ていると、3~4年ぐらいあれば税理士の資格は取れると書いてありました。
しかし私の考えが甘かったのか、まだ簿記論と財務諸表論しか合格できていません。
これまで仕事をしながらの勉強だったので、ここらで仕事を辞めて勉強に専念した方がいいのかなと迷っているところです。
あと3科目、今は法人税法と消費税法の勉強を始めて2年目です。
これがなかなか大変で、税法を全て暗記しないといけないんです。
今は大阪で生活しているのですが、故郷の松山で税理士として働くのが目標なんです。
故郷に帰って、両親を安心させてあげたいと思っています。
これまでの貯金があるうちに勉強に専念して、税理士の資格が取れたらいいんですが・・・。
貯金を使い果たしてしまったらまた、仕事をしながらの勉強になるので大変です。
あと2年は、勉強に専念できると思うので何とかその間にあと3科目、勉強以外のことは考えないようにして必死のパッチで勉強します!

歯医者は治療後の対応をどこまでしてくれるのかを考慮して選びたい

歯医者は商売です。
商売みたいなものですが、普通の商売ではありません。
歯医者は医師ですからね。
お金をもらって歯を治すのが歯医者です。
お金をもらうからにはちゃんと治さないといけません。
歯医者は自分のためでもありますが、患者のためでもあります。
患者のために治療をおこなわない歯医者はありません。
歯医者もお金が入らないと経営を続けていく事はできません。
無償で患者を診る歯医者はないです。
経営は大切な事ですから患者からお金をもらうのは当たり前です。
経営を続けていくためには多くの患者に来てもらう事です。
患者が少なくて経営を長く続けていくのは難しいです。
多くの患者に来てもらうためには治療の上手さと歯科医などの態度です。
歯科医だけが話しやすくてもダメです。
スタッフも親しみやすくなければ良い気分で帰る事はできないです。
歯が痛くて行く事が多い歯医者ですから行った時は気分が良くないです。
歯が痛いのに気分が良いはずはないです。
歯の治療で大事なのは治療後です。
治療後というとアフターケアです。
アフターケアがしっかりしていない歯医者は怖くて行けないです。
それだけに治療前にアフターケアをどのぐらいおこなっているのかの確認は重要です。

相続税を支払わなければいけない財産とは?

家族がなくなると、悲しみにふける時間もないという話を聞いたことがあるでしょうか?
確かに誰かが亡くなると、どうしても事務的な処理を行うことが必要になり、故人を偲んでいる暇もないと感じる方も多いようですね。
事務的なことだけでも、相当忙しくなりますが、それに加えて相続に関することも処理していかなければいけません。
通常の法的なことに加えて、相続まで行うようになると、それだけでかなりキツイ状態ですよね。
特に、相続に関することは、法律に関係しているので、まったく経験がないという方も多いので、本当にストレスになるかもしれません。
そもそも、相続と法律で決められているものはなんなのでしょうか?
現金が相続であるということはなんとなく分かります。
その他には有価証券なども、相続するものということになりますね。
しかし資産は、こうしたお金だけではありません。
その他にも、不動産、金融財産というものがあります。
加えて、自動車、電話加入権、ゴルフ会員権、宝石や貴金属、商標権、特許権なども、相続税の支払が必要な財産と決められています。

行きつけの美容院ってどうやって見つける?

普段はそれほどこだわりが強くない妻ですが、どうやら美容院だけは何かこだわりがあるようです。
少し前の話ですが、妻の行きつけの美容院が閉店になってしまったらしく、「今度からどこの美容院に行こう?!」と慌てていました。
正直「どこでもいいんんじゃないの?」と思いましたが、ネットで日夜近所の美容院の口コミを調べまくっていました。
妻も働いているので会社近くで探したりしていたようですが、「あそこのエリアで一番イケてる美容院だったのに!」ということで、今回は自宅近くの美容院を探しているようです。
まあ僕はどこでも同じのような気がしますが、そもそも女性は行きつけの美容院はどうやって見つけているのでしょうか?
ネットで「美容院を決めるポイント」がありましたが、そこには「知人からの紹介」が失敗しにくい美容院選びのポイントになるそうです。
まあ、女性はサロンとかそういうところの口コミはとても気にするところだと思いますので、知っている人が「あそこの美容院いいよ!」と教えてもらうと安心なのかもしれませんね。
でも知り合いから紹介してもらった美容院が失敗だった時はどうするんだろうか…、逆にちょっと面倒くさいような気もしますが。
さて、うちの奥さんはどこへ行くのやら。

弁護士の仕事は多岐にわたる!そのためにはスケジュール管理が大事

弁護士の仕事は多岐にわたります。
また、1日のなかでも、依頼者をはじめ、いろいろな人と出会う必要がでてきます。
もちろん、いずれも大事な仕事ばかりです。
ときには寸刻みの予定が入ることもありますが、約束時間の厳守が大切ですよね。
また、そうしないと自分の信用にも関わってきます。
毎日の仕事を効率的にこなすためには、スケジュール管理が鍵を握ります。
そのためには、その日にやるべきことをスケジュール帳に書き出すとよいでしょう。
さらに、週単位、月単位で書いていくと、それらの予定に合わせた具体的な計画が立てやすくなります。
スケジュールを立てるときは、市販のスケジュール帳を使うとよいですね。
いろいろなタイプのスケジュール帳があるため、使いやすいタイプを選ぶことがポイント。
そのうえで、スケジュール帳の保管場所などにも工夫が必要です。
また、アプリなどを活用する方法もあるため、いまの時代なら、そちらのほうが便利かもしれませんね。
いずれにしても、スケジュール管理をすることが大前提になります。
弁護士の仕事をスムーズに行うためにも、ストレスを感じにくい方法を上手に取り入れましょう。

貴重な留学経験をプラスにしよう

自分の可能性を広めるためには、いろいろな体験をすることが大切です。
仕事関係の資格取得をするのはもちろん、仕事と直接関係のない資格取得に挑戦するのもよいかもしれませんね。
また、地域のセミナーに出席したり、ボランティア活動をしたりするのもよいでしょう。
このように、自分の生活範囲や、それを少し超えた範囲で活動することで、いろいろな可能性がでてきます。
さらに、海外留学をすることで、これまでの世界観が大きく広まるかもしれません。
留学に際しては、具体的な目標を立てることが大切です。
ただし、「留学経験あります!」をアピールするだけで、その体験を活かせなければ、却ってマイナスになることも考えましょう。
英語力を高めるために語学留学したのに英語ができないと、留学先での生活ぶりを疑われるかもしれないからです。
また、就活で留学経験をアピールするときは、自分の得意分野にプラスする形が理想的です。
たとえば、研究室で仕事をする場合、対外的な付き合いはあまりないですよね。
しかし、英会話ができることが応募先企業に伝わると、自分の好感度アップになる可能性もでてきます。
このように、留学経験を持つ人は、それをプラスにできるように頑張りましょう。

えっ?ニセ税理士っているの?!

ニセ医者などは漫画で見たことはありますが、ニセ税理士なるものもいるんだそうです。
いわゆる「ニセ税理士」とは、税理士だとウソをついて税理士しかできない(税理士にしか許されていない)税務業務を行っている人をいいます。
もし、万が一、ニセ税理士に業務を依頼してしまったとしたらどんなトラブルが起こってしまうのでしょうか?
ニセ税理士によるトラブルは「知らないうちに脱税・粉飾決算していた」「税務調査に立ち会えない」「節税アドバイスを受けられない」「そもそも税務知識がない」などのトラブルが起こるそうです。
「そんなニセ税理士なんて引っかかるワケないよ」と思われるかもしれませんが、税務コンサルタントなどを謳っている人の中にはニセ税理士が潜んでいることがあるそうです。
ニセ税理士を疑うポイント(?)としては、安すぎる料金設定の税理士はもしかするとアヤシイかもしれません。
税理士の報酬は自由に設定できるようですが、それでもある程度の相場はあります。
まず何軒か見積もりをもらうなどして「適正価格」かどうか見比べてみるのもよいかもしれませんね。
料金だけではありませんが、安心して依頼できる税理士をじっくり選ぶようにしてくださいね。

メモリアルDVDが注目される時代

「○活」という表現が使われだしてから久しくなります。
とっさに思い浮かぶ言葉として「婚活」(こんかつ)や「就活」(しゅうかつ)などが多いでしょう。
後者と同じ響きをもつ言葉として「終活」(しゅうかつ)の存在も注目されています。
やはり、人生の最終章は避けて通れない大きな課題です。
いつ、どんなタイミングで訪れるのかは予測できませんが、ある程度の年齢に達すると、意識しておくとよいかもしれません。
「終活」に関しては「エンディングノート」が話題になっています。
自分の気持ちを書き残せる方法としても重宝されるのではないでしょうか。
また、こちらを映像にしたものとして「終活DVD」を選ぶ方法もあります。
いわゆる「メモリアルDVD」ですが、家族へのメッセージとしてだけでなく、お葬式に流すケースも少なくないようです。
お葬式のスタイルは、時代とともに大きく変化しています。
多くの人が集まって見送る方法だけでなく、身内だけで行うスタイルも増える傾向があります。
どのような方法がよいのかは一概には言えませんが、形式や世間体にこだわらないことが大切です。
そのうえで、参列者に感謝の気持ちを伝えるためにも、メモリアルDVD制作をしておくとよいかもしれませんね。

留学先を聞くの忘れちゃった!

友達の彼氏が留学するんだそうです。
もうそろそろ30歳を迎える彼氏なんだけど、その年齢で留学っていうのに少し驚いてしまいました。
それに、なんとなく留学っていうのは女の子がやるイメージなんですよね。
語学留学やワーホリとか、なんか女子っぽいんだよなぁ。

まぁ、でもその彼氏がどういう目的で留学するとかは聞いてなくて。
仕事関係で仕方なく、とかかもしれないけど、でも転勤とかじゃなく「留学してきなさい」なんて仕事はないか!
そんな話を親にしてたんだけど「で、どこに留学するわけ?」って聞かれました。
そういや、留学先を聞くのすっかり忘れちゃった(笑)

留学先が韓国とドイツじゃ、全然違うでしょ?って親に言われました。
何故に、韓国とドイツ?って思ったけど、まぁ例えばって話でしょうけどね。
そういや、友達でドイツに留学したことがある子いるんですよ。
女の子だけど、すごく良かったって言っててドイツ住みたくなったって言ってました。
短期留学だからすぐに帰ってきたんだけど、留学のサポートセンターがしっかりしてて安心だったって言ってましたね。
私が、留学=女の子に多いって思ってるの、彼女の影響かもしれないなぁ。

予防歯科の受診が自信につながる

医療機関には数多くの診療科がありますが、なかでも「歯科」は大変身近な存在です。
都市部ではもちろん、全国各地で新規開院する歯医者も多く、その必要性は大きいのではないでしょうか。
ただ、歯医者が苦手な人にとって、その敷居は高く感じるかもしれませんね。
診療を受けるためには、口を開けないわけにはいきません。
また、治療の段階で「削る」「抜く」などが必要になることも少なくないからです。
ほんとうは、そうならないように日頃からケアすることが大切です。
しかし、後悔しても始まりませんので、そこは気持ちを前向きに切り替えましょう。
なお、歯医者のなかには「予防歯科」があります。
こちらは、虫歯や歯周病予防のために受診する点が大きな特徴です。
予防歯科の受診に際しては、当然、口を開ける必要がありますが、慣れてしまうと案外平気かもしれません。
また、歯医者が苦手な人は、予防歯科での経験が自信につながるのではないでしょうか。
治療のタイミングが遅れて痛い目に遭わないためにも、歯のケアをしっかり行なうことが大切です。
そのためは、正しいケア方法を知ることが大きなポイントです。
これを機に予防歯科の受診をおすすめします。